タイトル-プロフィール

■江原 啓之 プロフィール

江原啓之 スピリチュアリスト
江原 啓之/Hiroyuki Ehara

1964年12月22日生まれ。東京都出身。
世界ヒーリング連盟元会員。
和光大学人文学部芸術学科を経て國學院大学別科神道専修II類修了。
一般財団法人 日本スピリチュアリズム協会 代表理事。
吉備国際大学ならびに九州保健福祉大学 客員教授。
一般社団法人 日本フィトセラピー協会 顧問。
1989年、イギリスで学んだスピリチュアリズムも取り入れ、カウンセリングを開始(現在カウンセリングは休止中)。
2001年刊行の『幸運を引きよせるスピリチュアル・ブック』(三笠書房)がロングセラーとなる。
その後、『スピリチュアルな人生に目覚めるために』(新潮社)、『いのちが危ない! スピリチュアル・カウンセラーからの提言』(集英社)、『人間の絆 ソウルメイトをさがして』(小学館)、『スピリチュアリズムを語る』(PARCO出版)、『予言』(講談社)など、さまざまなテーマでの意欲作を発表。
著書の発行冊数は80冊を超え、アマゾン殿堂入りも果たしている。
DVD『江原啓之のスピリチュアルバイブル』シリーズでは、8つの法則について、CGなどを交え、わかりやすく解説している。

また、2003年6月より東京を皮切りに2004年5月まで全国で『江原啓之スピリチュアル・トーク』を開催。その後、美輪明宏氏の提言によって、今までの執筆・雑誌連載・講演などの活動だけにとどまらない癒しの総合芸術家"スピリチュアル・アーティスト"としての活動を開始。
2005年からは全国で『江原啓之スピリチュアル・ヴォイス』公演(06年「苦難の乗り越え方」、07年「未来の創り方」)、そして不定期ロングラン『江原啓之スピリチュアル・タイム』公演を行い、さらなる飛躍を遂げた<癒しの総合エンタテインメント>として高く評価される。2006年大晦日には大阪城ホールにおいて「江原啓之スピリチュアル・ヴォイス カウントダウンスペシャル」公演を開催し、約1万人を動員した。

2008年3月には、日本武道館にて『江原啓之スピリチュアル・ヴォイスー人生のきりかえ方― 〜一万人の癒し、武道館スペシャル〜』を2日間にわたり開催。4月には、福岡(マリンメッセ福岡)、大阪(大阪城ホール)、名古屋(日本ガイシホール)での追加公演も行った。

2009年12月には、『スピリチュアル・ギフト 幸せのみつけかた』公演を東京(国立代々木競技場 第一体育館)と大阪(大阪城ホール)を開催。3公演で3万人を動員した。

2010年、2011年には、『あの世の話』公演や、『江原啓之しあわせ講演会』を各地で開催したほか、『スピリチュアル・トーク&ディナーショー』を、東京、名古屋、大阪などで開催。趣向を凝らした構成で、各方面で大きな話題となった。

2011年には、一般財団法人日本スピリチュアリズム協会を設立し、代表理事に就任。東京・表参道に「ザ スピリチュアリズム・サンクチュアリ」を開設した。

2012年には、活動25周年を迎えたことを記念し、「スピリチュアル・タイム〜未来へのカウンセリング〜」公演を全国10都市にて開催(全21公演)。また、「江原啓之 しあわせ講演会」なども精力的に行い、これにより、日本全県での講演会開催を達成した。

2013年には、静岡県・熱海に、スピリチュアル・ヒーリング・サンクチュアリ「昌清庵」を開設した。

同年、「江原啓之のヒーリングタイム 〜誰にでもわかるスピリチュアリズム講座〜」を東京、大阪などにて開催。


■音楽 プロフィール


オペラ歌手(バリトン)。18歳より声楽を学び、武蔵野音楽大学パルナソスエミネンス特修科、声楽専攻を修了。
菊池英美、吉池道子、ヴィットーリオ・テッラノーヴァ、ジャスティン・ラベンダーの諸氏に師事。
2000年、武蔵野音楽大学特修科修了演奏会では、ヴェルディ、ロッシーニを中心としたプログラムで優秀な成績を修め、以後、数々のコンサート、リサイタル、オペラに出演している。二期会会員。

【主なコンサート・リサイタル】
・『日本歌曲の夕べ』(2001年)
・『La strada〜イタリアへの道』(2002年 於:ムジカーザ)。
・『江原啓之バリトン・リサイタル』(2004年 於:王子ホール)にて、初リサイタル。
・『アマデウス室内オーケストラ クリスマスコンサート』(2005年、2006年、2008年、ポーランドのオーケストラと共演)

・『スピリチュアル・カウンセラー20周年記念チャリティーコンサート』(2007年)は、東京、名古屋、大阪、福岡の4都市で、三枝成彰氏音楽監督のもと開催。ソプラノ・佐藤美枝子氏と共演し、オペラアリアを遜色なく歌い上げた。東京(於:東京オペラシティコンサートホール、演奏:新日本フィルハーモニー交響楽団)、大阪(於:ザ・シンフォニーホール 演奏:大阪センチュリー交響楽団)など、各地で名だたるオーケストラと共演し、話題となった。

・『江原啓之 スピリチュアル・コンサート』(2008年)では、自ら作詞した『いのちの詩』に渡辺俊幸氏が曲を書き下ろし、壮大な世界観の楽曲が誕生。フルオーケストラをバックに歌い上げ、喝采を浴びた。
以後も、『“第九も歌うぞ!”コンサート』(東京オペラシティコンサートホール)などを開催。なかでも『江原啓之バリトン・リサイタル』(紀尾井ホール)は大きな評判を呼び、2013年には5回目を迎え、恒例のリサイタルとなっている。

また、2011年より東京二期会にも籍を置き、 11月には「二期会クリスタルコンサート」に出演した。

【オペラ】
2008年、満を持して関西二期会『セヴィリアの理髪師』にフィオレルロ役で出演し、オペラデビュー。その後も、関西二期会の舞台『ラ・ボエーム』(2009年)にベノア、アルチンドロの二役で出演し、ハイバリトンの歌声、そして緩急自在の演技にも大きな注目が集まった。2010年には、GRUPPO KAPPA OPERA『ヘンゼルとグレーテル』(父・ペーター役)に出演。2011年にはオペラ『親鸞』にも出演し、日本オペラにも精力的に参加している。

【CD】
2004年にアルバム『スピリチュアル ヴォイス』でCDデビュー。その後、『スピリチュアル エナジー』(2006年)もリリースし、クラシックを原曲にした歌に自ら作詞も担当。また、2007年にはシングルCD『小さな奇跡』、アルバム『愛の詩』、『幸せのみつけかた』(ともにソニーミュージックレコーズ)を発表。

音楽活動はクラシックにとどまらず、全国のZEPPにてライブ『江原啓之 おとたま・ことたまLIVE2010』も行った。

2011年には『東日本大震災復興支援チャリティーアルバム 江原啓之 おと語り』を発表。同名のチャリティーコンサートも開催。

2012年にはチャリティーアルバム第二弾『江原啓之 うた語り』をリリースし、11月より、札幌を皮切りに『うた語りコンサート2012』を福島、宮城など、東北地方でも開催した。

2013年にはチャリティーアルバム第三弾『江原啓之 ひと語り』をリリースし、同名のチャリティーコンサートを浜離宮朝日ホール(東京)などで行い、好評を博した。