著書紹介

■「ananの嘘」 著:酒井順子

お祓い箱
タイトル:「ananの嘘」 著:酒井順子
価格 :1,300円(税別)
発売日:2017/3/22(水)
発売 :マガジンハウス
※地域および書店によっては、発売日が異なることがございます



日本の女性誌の歴史のすべてが、ここにある!?
創刊から2000号までの45年。アンアンが教えてくれた、
女の生き方、そのホンネや裏側に迫ります!

1970年に創刊し、2016年4月に2000号を迎えたアンアン。
その長く濃い歩みは、まさに、日本女性の生き方の変遷や、
女性誌の歴史そのものだと言えるのではないでしょうか。
幅広い年代の読者にとって、
それぞれが、それぞれの思い出をもって、
自分の青春時代と重ね合せることのできる稀有な存在。

時にはアンアンが提案した流行にワクワクし、
夢中になって、マネをしたり……。
もしかしたら時には踊らされ、
ダマされた(!)こともあるのかもしれません。

アンノン族から、ニュートラからスタイリストブーム、
ヌード、セックス、ダイエット、モテ、そしてスピリチュアルまで――。
雑誌の創刊から2000号までの道のりを、
エッセイスト酒井順子さんが、
愛をもって、ときに辛口で、丁寧にたどった約1年半の人気連載が、
一冊になって登場です!

巻末スペシャル対談では、アンアンの象徴的な存在である、
スピリチュアリストの江原啓之さんが登場!
アンアン読者の悩みや欲望の変遷に迫ります。


酒井順子著 (サカイジュンコ)
エッセイスト。1966年東京生まれ。 高校時代より雑誌『オリーブ』にコラムを寄稿し、大学卒業後、広告会社勤務を経て、エッセイ執筆に専念。2003年に刊行した『負け犬の遠吠え』はベストセラーとなり、婦人公論文芸賞、講談社エッセイ賞受賞。著書に『枕草子REMIX』『地震と独身』『裏が、幸せ。』『オリーブの罠』『ユーミンの罪』『中年だって生きている』『子の無い人生』『源氏姉妹』など多数。